保険のビュッフェがお得な理由はクチコミでも人気の特典にあり!

MENU

保険のビュッフェがお得な理由はクチコミでも人気の特典にあり!

保険のビュッフェがお得な理由はクチコミでも人気の特典にあり!

保険のビュッフェのお得な理由

 

保険のビュッフェとは、ビュッフェ形式で取り分けるメニューのようにお客様ひとりひとりの状況やこだわりに合わせて納得いく保険を選ぶ手段として役立ちたいとのポリシーのもと、経験豊富な専門家のコンサルを消費者に提供し、保険会社との橋渡しを行う会社です。特に生命保険や医療保険と言えば、持ち家購入と並んで高額な商品選択を行う場面になります。保険とのかかわり方としては、これから加入を考えている方、すでに加入している方、それぞれ状況は異なりますが自分にあった保険選びを心がけることはこの先の人生設計や資産形成にとって必須の事項になります。保険は不測の事態に備えるリスクヘッジとして加入して居ます。

 

給付内容が手厚ければ安心ですが、一方で生活費を侵食するほど高額な保険料を支払っていては何のための保険加入なのか本末転倒なことになります。逆に収入面で保険加入するよりは、日々の生活費の工面に追われてそれどころではない、と考えておられる方も低廉な保険料負担で加入できる保険もあるかもしれません。一般消費者にとって保険加入の重要性は知られていますが、多種多様な生活商品の中から、自分の収入就業状況に応じて適正な保険料負担で加入できる保険を選ぶのは簡単なことではありません。そこで金融や保険全般についてのお金の専門家であるファイナンシャル・プランナー(FP)から個々人様の生活状況に応じてもっともフィットした保険選択の助言を得ることが重要になります。

 

特に今の加入している保険があっているのか、保険料を節約する方法はないのか、各社保険会社のメリット、デメリットを比較したい、と言う方には専門家に疑問を直接ぶつけることが出来ます。保険に関連して貯蓄も疑問が出ることでしょう。効率のいい貯蓄方法は何かないのか、老後必要な貯蓄額はいくらか、教育費負担と住宅費用の両立をはかるには、など保険の見直しは生活設計全般の見直しにも直結することでもあるので、これらの点もFPに質問できまるのはメリットが大きいですね。ところで、保険選びの場面では、他にも保険ショップへ赴いたり、保険会社の営業員と話をするなどの方法もあります。これらの従来型の保険選びはどうなのでしょうか。

 

まず、保険ショップでは複数会社の中から各種プランの提示を受けることが出来ます、しかし窓口担当者が十分な経験を経ていない可能性があります。気軽に保険について相談するには向いているのかもしれませんが、より突っ込んだ内容の相談は難しいかもしれません。保険会社の営業員はどうでしょう。複数会社の比較はもちろん出来ませんが、自社商品についての知識は知悉しているでしょうが、販売ノルマがあります。そのプランがお客様のニーズに合致していれば問題ありませんが、よりベターな商品が他社から提供されているかもしれません。これら2者に比較すると、自宅でも自宅周辺でも好きな場所で、経験豊富な専門家かた質の高いアドバイスを受けることが出来ます。

 

もちろんノルマを負っていないので、お客様にとり不利益な内容の保険契約が提示されることもありません。しかも対応するFPは一定程度の実務経験のある人材が厳選されているので能力面も十分担保されています。これだけ専門的なコンサルを無料で受けることが出来ます。しかし疑問に思う方も多いでしょう。どこかの場面で費用負担を求められるのではないかと。一般的には各回1,2時間で3回前後の相談で終わることが多いですが相談料金、FPの出張交通費も無料です。保険加入後に手数料が保険料に転嫁されることもありません。そもそもいかなる理由であれ保険料の値引き自体が法律で禁止されているからです。なぜなら提携保険会社等からのマーケティングコンサルタント料で運営しているからです。つまりお客様に余計な負担が発生しないような枠組みで運営されているので、利用へのハードルは低いと言えるでしょう。

 

 

 

保険のビュッフェのお得な特典や口コミ

 

実際にFPと相談した際に具体的にどのようなサービスを受けられるのでしょうか。まずお客様のライフプランを基に必要な生涯保険金額を計算します。その保険金額から逆算して各社の保険契約を提案してくれます。さらにお客様のより細かなライフスタイルを念頭に各種の特約の追加などを通じて、保険給付と保険料負担についてバランスの取れた保険プランを取捨選択することが出来ます。各社の保険商品は各々得意分野と不得意分野があります。そこで各保険の良いとこ取りをした保険プランを作成することも可能です。もちろん保険加入をするか否かは自由です。話がつまっていたのに加入しないのは気が引ける、などと考える必要はありません。納得いくまで専門家と話をしてみましょう。

 

仮に保険締結に至った場合には、面倒な保険加入手続きも無料で代行します。各社ごとにまちまちの面倒な契約手続きまで代行してくれます。事後のアフターフォローとして、お子様の成人や結婚、定年退職など保険の解約や見直し、保険金の請求などが必要なシーンでは手続を無料で代行してくれます。今では特典として保険相談を体験するだけで特典としてJCB商品券を5000円分がプレゼントされます。保険について見直そうか、加入しようか程度の検討段階の方でも気軽に相談してみるのもありでしょう。家計見直しの一環として相談を経験するだけでも、お得な知識を得ることが出来るかもしれません。このようにユニークな保険相談を展開してきた結果、相談実績は10万件を超えるに至っています。

 

47都道府県の全国対応で、担当するFPは平均経験8年以上、相談実績1200件以上の豊富な経験を有しています。このような実績を挙げている保険のビュッフェですが、具体的事例ではどうなのでしょうか。ここでは3事例ほど紹介します。一件目は子供が生まれたので高利回りの学資保険を検討したいと言う御家庭の場合、分析の結果従来加入している保険の特約を見直すべきと判断、その結果学費予算に回せる金額を確保できました。二件目は加入中の保険の死亡保障額が不安になり、病気になった際の先進医療も厚くしたいと言う方です。この場合では公的年金額を算出しお子様が成人するまでは補償を厚くし、年齢を重ねるごとに低減する方法で保険料負担を圧縮する一方で、先進医療特約の上限をアップさせることが出来ました。

 

三件目は更新によって保険料が増加するが病気にも備えておきたいと言う方ですが、本当に必要な補償内容を取捨選択して、更新前保険料のままで継続することが出来ました。自分が加入している保険が必要なものとは納得していても、生活シーンの変化に合わせて微妙なずれが生じてきてしまいがちです、紹介した3件の事例はいずれも専門家の助言を受けてニーズに合った保険契約へ見直しが出来た例です。自分ひとりでは近視眼的な見直し策を考えがちなので気軽に専門家の助言を受けてみましょう。それでは口コミもみてみましょう。保険の勧誘を前提にしていないので各人の生活環境に耳を合わせて、ぴったりの保険内容が提示され安心した、その際にはデメリットも説明できたので安心して保険を選ぶことが出来たとの趣旨の口コミが多いです。

 

ここは中立的立場であるからこそ消費者にとって利益を最大化して提供できるのでしょう。他にはもっと早く利用していれば良かった、とか専門家に相談したおかげで、保険内容をよく理解できないままこのまま加入し続けたりする事態を回避できたとの意見も多いです。勧誘されてなんとなく成り行きで保険に加入し、漫然と保険料を支払い続けている方が多いからでしょう。保険商品の内容のみならず、貯蓄など生活設計全般について分かりやすく説明してくれたとの意見もありました。数多くある保険商品の中から自分にとって必要十分な内容と保険料か、真剣に考える機会は少ないと思いますが、生活プランの基軸の一つになるのが保険です。少しでも疑問を感じたら気軽に専門家に相談するのも一案です。